胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット~

医者

異なる検査法を知る

検査内容に応じて費用が変わります

病棟

現在広く行なわれている乳がん検診では、いくつかの方法が行なわれています。その検査方法が適しているのかは、検診を受ける時点での年齢や自覚症状などによって変わってくるのです。20代から30代の女性の場合には主にエコー検査が行なわれ、費用は約3千円程となります。何らかの自覚症状や異常がある場合には、若年者でもマンモグラフィ検査が併用されることがあります。マンモグラフィ検査は約6千円前後が相場です。 中年期以降の女性の乳がん検診では、一般的に詳細な結果が得られるマンモグラフィ検査が選択されることが多いです。マンモグラフィ検査は広範囲に状態を見ることが出来るため、病気の広がり具合をチェックする際にも用いられています。

乳腺外来が良き相談窓口となります

乳がん検診は通常は自費診療となり、全額自己負担で行なわれることになります。最近の乳がん検診を行なう医療機関では、始めから自費診療の価格で乳がん検診を紹介していることが多いのです。そのため、一般的には平均1万円程度の料金を負担することになります。 しこりや胸の痛みといった何らかの自覚症状がある場合には、乳がん検診を申し込むよりも直接医療機関の乳腺外来を受診した方が、費用の点でも有利になります。このような症状がある場合には、乳がん検診で行なわれているようなエコー検査やマンモグラフィ検査は健康保険の適用で実施することが出来るのです。従って、一般の乳がん検診よりも低価格で詳細な検査を受けることが可能となります。

Copyright (c) 2015 胃がんなどの治療で健康維持〜いつまでも病まない身体をゲット~ All rights reserved.